プロフィール

PIKO

Author:PIKO
最近メジャーになりつつある男性保育士です(ブームは去った?)もう10年以上やってるので一般的には「中堅」のポジションですが、わざわざいろんな事を試してみたり。わざわざ波紋を投げかけるようなコトしたりする困ったちゃんです。
いろいろ言われても小さくならずに自分の考えを言う&行動する。これが「武闘派」たるゆえん。
ま、女性社会でうまくやっていくにはそれなりの処世術も必要なんですが…。

twitter リンク

__PIKO__をフォローしましょう

カレンダー

04 ← 2017/05 → 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

オレの話聞いてんか
男性保育士(武闘派!)がその日常を語ります。でも、仕事の事よりも趣味的なあんなコトやこんなコトの話題の方が多いかも?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プランター
先週の日曜日、
近所の工務店でプランターづくりをやると聞いて
家族で行ってきました。

嫁さんが、せっせとガーデニングにいそしんでいまして(庭はないんですけど)、
オレに行って作ってこい!!
と言うんですよ。
そりゃ、言うこと聞いとかなあきませんやん。

三人で行って、大人200円×2と子ども100円の合計500円を払う。
って三人分って事は
三つも作るんか!?

結構人来てはりました。

材料を受け取って設計図を見ながら採寸して、
ノコギリで切ってパーツを作っていきます。
このノコギリがよう切れますのや。
なでてるだけで切れていくぐらいで力はいりませんって感じ。
やっぱり道具って大事ですよ。
バンバン釘打っていきます。
ギザギザがついている釘でして、抜けにくくなってるんでしょうか?

んで、一個完成。
一回やって見ると設計図の不具合とか、もっとエエ手順とかがわかるので
二個目はあっという間に美しく完成。
嫁さんと娘さんはニスなんかペンキなんかわからへんけどそれを塗る作業。
三個目を作ってる最中に大雨&雷。
雨が止むまで小屋に避難して作業再開。

何とか三個完成。
プランター

石ころと土をもらって、花を買って帰りました。

コレは自分の性格なんやろうけど、
いけるんかいけへんのか考えるのは大事やし、ちゃんと考えるんやけど、
いっぺんやってみた方がどうなんかよくわかるんよね。
「失敗は成功のもと」といいますが、
それに加えて
「成功するまでやめない」ことが大切やと思うんですよ。
ほんなら結果として失敗にはならへんし~。

なんでか知らんが、やりもせんと「どうせあかん」と言い、
結局何もしないという様な話を聞いたりしますが、
もったいないよね。
できるかできひんかは置いといて、
自分はどうしたいのか、どう生きたいのかが大事やのにね。

とえらそうなこと言ってますが、
自分でするのは自分次第なのである意味簡単ですが、
自分の子どもにそういう生き方を選択してもらうにはどうしたらいいんでしょうねぇ。
(とはいうものの、強要しようなんて思いはサラサラありませんが)
この前ご飯を食べにいった時、
「天ぷら定食と刺身定食どっちにする?」と聞いたら
「どっちでもいい」という娘さん。
自分で決めてくれと言うと
「ほんなら、お父ちゃんはどっちを食べて欲しい?」
って聞いてくるんよ。
それってもしかしてマーケティング???
オレの録画しといた「もしドラ」見てたの?

ま、結局自分で刺身定食に決めはりましたが…。

私はハンバーグが食べたい!メニューにないなら自分で作ります!
すいません厨房をお借りします!
とか言い出したらイノベーション!(ちょっと違うか)




家の前BBQ
この地に引っ越してきて半年。
な~んて言っても、実家のある隣の学区に引っ越しただけなんですが、
近所付き合いは大切。
しかも最初が肝心だと思っていまして、
いろいろ努力(っていうモンぢゃないんですが)してきました。

夕方帰宅したら、家の前
(道から15メートルほど入った私道。そこに7軒の家がある)
で近所の小学生が遊んでいる。うちの娘さんもすぐに仲良しになれるように、
オレもそこに混じって遊ぶ。
遊んでたら、お母さん連中がやってくるので今度はそっちと立ち話(笑)
そのうちウチの嫁さんも帰って来るので、
嫁も混じって立ち話。
7時過ぎまでそんな事をして、それからゴハンの準備をするので、食べるのは遅くなっちゃうのですが、
そんな事を続けてきました。
サスガに真冬は寒くて真っ暗で、集うことはあんまりなかったのですが、
新顔の我々一家はすっかり溶け込んで、ご近所さんと仲良しになりました。

努力してきたみたいな言い方しましたが、
自分が面白かったからです。すいません。

そして春。
夕方でも明るくて暖かくなってきて、家の前がまた賑やかになってきました。

そして今日。
家の前に6世帯22人が集ってバーベキュー大会!
いい天気で、すぐ横に大きな桜もあり最高のロケーション。
道(私道)の真ん中にコンロを2台置いて、その周りに椅子やらテーブルをおいて、ワイワイやってるんで
オモテの道を時々通る人が“ギョ!”っとした顔で通り過ぎて行くのが印象的な、
楽しい集まりになりました。

言い出しっぺはウチの嫁さんらしいのですが、
ホンマにやっちゃうファンキーな近所の皆さんありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。




おっとコマジェ
全体の写真貼るの忘れてた。

20110320のコマジェ

いまこんなん。

春はバイクが気持ちいい~。
花粉もやってくるが…。



こんな時ですが コマジェ
ヤフオクで落としてきたコマジェのパーツを一ヶ月ほど前に付けました。

マグザムサス

マグザム純正リアサス

コマジェ純正より5ミリほど長いだけなので、片方ずつサスペンションを交換すればジャッキなど使わなくてもできるかと思って作業してみましたが、
エライ苦労しました。
5ミリだってバカにしちゃいけませんな。

ちょっぴりふんわりとした感じでラグジュアリーな乗り心地になりました。
ゆったりと乗るにはいい感じ。これいいわ。

そうなるとフロントサスの落ち着きのなさが気になってくるんよねぇ~。


そして、自分で付けようと思ってやっぱりやめた

ビームスマフラー

ビームスのマフラー

チタンの焼き色がいいですね。
一番穴の小さいバッフル付きにしているので、音は静かです。
なんと初めはノーマルより静かでした。
こなれた今もノーマルとあんまり変わりません。
ゆくゆくは、バッフル無しかちょっと穴のデカいバッフルに変えたろかと思っています。
乗り味はマフラー自体の軽さもあって軽快!
エンジン回さな走らんかと思ったけど、わりかしトルクもあって気持ちよく走ります。

ただ、いままでなかった振動がでて足下のアルミプレートがビビるのでエンジン回しすぎると
足の裏が痺れます。こそばいと言うか何というか。


そうそう、去年「日本のへそ」に行った後に

エンジンハンガー

エンジンハンガーを付けました。店で(笑)。
コレ付けたら車体全体がピシッとしまって良い感じです。

んで、9月にmaruyanにヘッドライトをHIDに交換してもらいました。
格段に明るくなったのですが、フェイスマスクを付けてるせいで、
照らす範囲がぜんぜん広くないんですよ。これがまた。
角度とか調整できるんかな?
町中でしか乗ってないので、今のところいけてますが…。


後はハンドル周りもっかいやり直したいな~
コネクタが出てるのがかっこわるいのと、もうちょっと絞ったハンドルにしたいな~。

ま、ぼちぼちと。







卒園式
土曜日に卒園式がありました。

桜


今年の卒園児は0歳と1歳の時に担任したクラスなので感慨深いものがありました。

でもね、当時のことあんまり思い出せないんですよ。
写真とか見てたら、ああ、こんなことしてたな。ということはわかるんですが、
楽しかったこととかあるはずなのに思い出せない。
大変やったことばっかり思い出します。

実際、なかなか寝ないわ寝たらすぐ起きてくる子がいたり、全然食べない子がいたり、噛みまくる子が数名いたりと、大変な状況であったりしましたし、
娘さんは1歳半をすぎたあたりで、私生活の方もなかなか大変だった頃で、
仕事も生活も必死でやってたんだと思います。

クラスの担任仲間にも“なんでちゃんとみてへんのよ!!!!”って怒ってたと思う。
だから大変だったことばっかり思い出せる。

でも、去年度は4・5歳合同保育の中で今年の卒園児(当時の4歳児)にずいぶん助けられたし、みんなの成長を身近に感じたし、今年は部屋も隣同士だったので毎日の姿を見せてもらえました。
大きくなったよなぁ。と当たり前のことを日々感じてました。

実際の所は、みんなが成長したっていうより、オレのみんなが成長したことをちゃんととらえられる目が成長したっていうことかな。うんそうだ。

今年度は0歳児の担任でしたが、前の0歳児の時よりも落ち着いて仕事ができました。
0歳児からの集団づくりというテーマを考えながらの1年でした。
他にも大人との関係づくりというか、いかに「大人(保育園の先生)っちゅうのは信頼してもいい存在なのかもしれない」と感じてもらうかということに注力したり、保護者との関係や保護者同士の関係づくりとか。
5歳児やってからやと0歳児からしとかなあかん事がより明確になりますよね。

んで、卒園式ですが、初めて保護者のような気持ちで卒園式を楽しめました。いっぱい感動させてもらいました。

全ての子ども達が希望と期待に満ちあふれ、大きくなっていける社会を我々大人はキチンとつくっていかなアカンということも同時に胸に刻むのでした。


お知らせ
去年度行った4・5歳児合同保育の実践の提案を保問研山形集会で行います。オニのように恐れていた「ホモンケン」で提案を行うとは自分でもビックリです(笑)
みなさん、山形でお会いいたしましょう。
なにが美味しいんかな?

って、あるんやな?全国集会。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。