プロフィール

PIKO

Author:PIKO
最近メジャーになりつつある男性保育士です(ブームは去った?)もう10年以上やってるので一般的には「中堅」のポジションですが、わざわざいろんな事を試してみたり。わざわざ波紋を投げかけるようなコトしたりする困ったちゃんです。
いろいろ言われても小さくならずに自分の考えを言う&行動する。これが「武闘派」たるゆえん。
ま、女性社会でうまくやっていくにはそれなりの処世術も必要なんですが…。

twitter リンク

__PIKO__をフォローしましょう

カレンダー

05 ← 2017/06 → 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

オレの話聞いてんか
男性保育士(武闘派!)がその日常を語ります。でも、仕事の事よりも趣味的なあんなコトやこんなコトの話題の方が多いかも?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本の話2
今回は
読みながらちょっと泣けちゃう絵本の話。

『しょうぼうじどうしゃじぷた』
しょぼうじどうしゃじぷた

これはですね、引っ込み思案で自信が無くてコンプレックスの塊だった頃の自分の姿と重ねてしまうんですよ。
「じぷたよかったね」という気持ちや
「必要のない人などいない」という思いや
その人のいいところをしっかりと見ることのできる人でありたいという気持ち
なんかがごちゃ混ぜになって
署長さんの「よし、じぷただ。たのむぞ!」の台詞のところから
「ぷーぷーぷー…もうだれもわらいません」のところで
もう鼻声ですよ(笑)
消防車がいっぱい出てくるから子どもがこの本好きだという声も多いのですが

私は完全に「人生に傷ついた大人」の見方をしていますね。

これ書きながら、ちょっとウルウルきています(笑)


『あやちゃんのうまれたひ』
あやちゃんのうまれたひ

これはそのまま。
娘さんが産まれたときのことを思い出します。
予定日すぎても産まれてこなかったよなぁ。とか。
入院してから19時間くらいして産まれたなぁ。とか。
産まれたときはホントに嬉しくて幸せな気持ちになったなぁ。とか。
娘さんが産まれてくることをみんなが心待ちにしてたんだよなぁ。とか。
娘さんが憎たらしいこと言うようになってもこの本読んで産まれたときのこと思い出そう。
これ書きながら、ちょっとウルウルきています(笑)

他にもあると思いますが、皆さん泣けちゃう本ってありますか?


makoさん。
こどもチャレンジを敵視してるわけぢゃないですからね~。
しまじろう好きな人の言い分も聞いてみてくださいね~。

「ももんちゃん」シリーズってとってもおもしろいですよね。
ウチの園では「すりすりももんちゃん」が人気です。
っていうか今はそれしか部屋に置いてないよな。うん。他の何処行った?

林明子の代表作品はやっぱり
「はじめてのおつかい」でしょうか?
私は「こんとあき」が好きです。
娘さんを鳥取砂丘に連れて行ってあげたいです。
私の母親が林明子大好きなので実家に行けばいろいろあるのです。


こっそり見てくれているぐちこさん。
東京駅の近所のでっかいマルゼンで絵本みていろいろ喋っておもしろかったなということを思い出しました。
またお会いしましょう。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

へー、読みたくなりました。今度本屋に行ってみてみます。2冊とも感動的な内容ですね。
呼んでいるうちに泣けてくるPIKOさんも素敵ですね。
また、いい本がありましたら紹介ください。
【2006/01/27 15:22】 URL | mako #- [ 編集]

ぐちも好き
えほん、いいですよね。
ぐちの部屋(縦割りなので、たんぽぽのおへやといいます)でも「こんとあき」大人気。
ぐちも好きな本なのですが、一日に何回読ませばきがすむんじゃいと言うほど、読んでます。
もっかいよんで です。(なんかの研修会のタイトルでもあったな)
個人的には「きょうはなんのひ」の探すとこ、好きです。最後の結婚記念日はいや。最初に読んだとき、「自分は両親の結婚記念日知らない」ってしんどくなっちゃったから。

ぐちは一昨年、先輩から「今日はこれ読んであげて」と言われて初めて手にした「あらしのよるに」と続編「あるはれたひに」と読んで、ほんとに、ページをめくりながらドキドキヒヤヒヤした。
楽しかった。 で、6巻までそろえましたよ。3巻から先は大人の感性でしか読めず、映画なんて見る気になりませんでした。

「あぁ、このほんすきだな」って本にたくさんであいたい。



【2006/01/30 22:50】 URL | ぐち☆ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pikopikapoko.blog24.fc2.com/tb.php/66-fe4832bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。