プロフィール

PIKO

Author:PIKO
最近メジャーになりつつある男性保育士です(ブームは去った?)もう10年以上やってるので一般的には「中堅」のポジションですが、わざわざいろんな事を試してみたり。わざわざ波紋を投げかけるようなコトしたりする困ったちゃんです。
いろいろ言われても小さくならずに自分の考えを言う&行動する。これが「武闘派」たるゆえん。
ま、女性社会でうまくやっていくにはそれなりの処世術も必要なんですが…。

twitter リンク

__PIKO__をフォローしましょう

カレンダー

04 ← 2017/05 → 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

オレの話聞いてんか
男性保育士(武闘派!)がその日常を語ります。でも、仕事の事よりも趣味的なあんなコトやこんなコトの話題の方が多いかも?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱い夏
今年の夏は「熱」かった。

新しい出会いと、久しぶりの再会と、新しい可能性を発見した
密度の高い夏でした。

6月に山形に行きましたが、研修最終日に「保育の話を聞かせて欲しい」と
声をかけられ(オレ、提案者として全国集会に参加してましたから)、
スターバックスでいろいろ話をしました。
実際のところ分科会の討論は消化不良な感じに終わっていて、
頑張っているけど悩んでいる保育者に向けて書いた(つもりの)自分の提案は
面白いんか面白くないんかいまいちわからなくて悶々としていたのですが、
山形の彼女は「ちょっと肩の力が抜けた、ありがとう」と言ってくれ
その時初めて、山形まで行った甲斐があったと思えました。
新しい出会いに感謝。

その足で山形から仙台に向かい、『石巻被災地支援ツアー』御一行様と合流するのですが、
そこには集会の分科会に参加していた女性がおられ、分科会の「ふり返り」なんかもしました。
後でわかるのですが、彼女はぐち☆さんと大変近しい関係だったと。
世間は狭いね~。
こっそり京都保問研の作る「保育びと」って本に向けて書いた原稿を読んでもらったけど、
ちゃんと感想を送ってくれた。こっちも嬉しくなる感想でした。
新しい出会いに感謝。

「保育のつどい」というプレ合研企画の実践交流企画にむけては
加用美代子さんと話ができて面白かったし、「はじける・まとまる」とは?
という新しい角度の問題提起が自分の中で起こりました。
新しい出会いに感謝。

Twitterで合研のタグを見ていたら、ウチの園からの提案について書かれていて、
「こんにちわ。その提案者の同僚です~」なんて返信をしたところから始まる出会いもありました。
実際に保問研夏季セミナーでお会いするわけですけど、かなり照れくさかったです(笑)
元々はオープニングに出て帰ろうと思っていたのですが、こりゃ最後まで話聞かなくっちゃ!
というわけで結局最後までいました。
「分科会で世話人に文句まで言ったりして一番エンジョイしてるやないか!
と同僚のRikiくんに言われました(笑)
ちょっと照れくさかったが、新しい出会いに感謝。

京都の青年部のOB会で懐かしい面々と再会できたし、ユニコーン熱に火も付けられた。
でもダーツ熱は再燃しないな~。ストイックさがなくなってきたというかなんというか…。

全国青年部の「なつわか。」という取り組みにOBとしてこっそり参加して、
一緒に頑張ってきた仲間とも再会した。
そして何より、京都の現役の青年部が、立派なモノを作り上げてることに感動した。
オレらと違って地に足付けてちゃんとやってるよ。すばらしい。

分会の学習会にわざわざJawsくんがきてくれて講師をやってくれた。
これもTwitterからの出来事だったので、Twitterって面白いですね。
「非常勤職員の3年での雇い止めをどうやってやめさせるか」というテーマでしたが、
わかりやすく、力になる学習会でした。
決戦は9月20日!!
学習会後Jawsくんと“男”の話ができたのがホントに良かった。

そして、なんと言っても「京炎そでふれ」
保問研夏季セミナーに向けての2ヶ月間、ようやったわと自分を褒めたい。
なんも知らんと初めて踊りを見せられた時の「こんなんできひんで」っていう衝撃ったら…。
20秒くらいのパートを3時間かけて練習した時の「最後まで行き着くんか」っていう絶望感っていったら…。
次の日の全身を襲う筋肉痛ったら…。
保育士志望の大学生6人が諦めんと丁寧に教えてくれる中でなんとか一通り踊れるようになりました。
ブラッシュアップの為に更に厳しいこと言われ、
でも出来るようになっていくからみんな楽しくなっていくんよね。
保育園でRikiくんと自主練もよくやった。
仕事の時より汗かいた。
エンディングで歌った「ケサラ」も良かった。
震災とそこからの復興に思いを込めたのは事実だが、会場の参加者が泣いてはんの見たら余計に思いが入っちゃいましたよ。横で歌ってる男前の涙声とか耳に入ったら思いは更に加速するし~。
涙をこらえながら拳を握りしめて歌ったのは初めての経験です。
そんな仲間での打ち上げは大盛り上がりでした。
顔知ってるくらいの関係でしたが、戦友というんでしょうか?ものすごく近しい仲間になれました。
大学生の先生方にもおおいに感謝。みんな良いもん持ってるんやから絶対保育士になれよ。

11月23日の「どんといけまつり2011」でも踊るらしいです。

最後の練習の踊り締めの様子は「おっさんそでふれ」で検索!!


とまぁ、色んな出会いと頑張りのあった近年まれに見る密度の高い夏でした。
面白かった。


んで、研修報告を書かなアカンという現実から逃避しています~(笑)



スポンサーサイト

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/04 11:40】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/02 16:24】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pikopikapoko.blog24.fc2.com/tb.php/223-d6b71e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。