プロフィール

PIKO

Author:PIKO
最近メジャーになりつつある男性保育士です(ブームは去った?)もう10年以上やってるので一般的には「中堅」のポジションですが、わざわざいろんな事を試してみたり。わざわざ波紋を投げかけるようなコトしたりする困ったちゃんです。
いろいろ言われても小さくならずに自分の考えを言う&行動する。これが「武闘派」たるゆえん。
ま、女性社会でうまくやっていくにはそれなりの処世術も必要なんですが…。

twitter リンク

__PIKO__をフォローしましょう

カレンダー

09 ← 2017/10 → 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

オレの話聞いてんか
男性保育士(武闘派!)がその日常を語ります。でも、仕事の事よりも趣味的なあんなコトやこんなコトの話題の方が多いかも?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかげのいたり(初心)
組合活動はこの秋に大会を向かえるところが多く
来期の体制をどうしていくのかという話が飛びかいます。

京都の青年部では今まで青年部を支えてきた
DONちゃんとRikiくんが引退します。

そういう事もあって執行委員会の後に元&現青年部のメンバーで
青年(部)活動の未来について話していました。←大げさ
福祉保育労京都地本の青年部や全国の青年部のこと、京都総評青年部のこと
その他我々にも関わりのある青年組織等のこと…。

OBの分際でアレコレ語る資格はないのですが…。

そんな話の中で、今の青年部長がアレコレ悩んでいると聞いて
「こりゃぁ今すぐにでも話しないとな」と思い立ち
さっそく会ってきました。

そして、逆に背筋を正されて帰ってきた次第です。

いや、もう、とてもステキな部長さんですから。
斜めからモノを見る事が大好きなオレなんか、彼女のまっすぐさの前に縮こまる思いです。

例えば
一つの大きな事を依頼されてると普通の人ならば、
「自分の力量でできるのだろうか」とか「とてもとても私なんかにゃ無理です」
といった感じで、
できる・できないで悩むのですが、
「どうやったら周りに迷惑をかけずに役割を果たせるのだろうか」
というような悩み方なんですよ。彼女の場合は。
やること前提!

だから、話を色々聞いてあげようと出向いて、
色々聞いてきましたが、オレも色々喋りましたが、
「あなたのことちゃんと見てるから、精一杯やってみなさいよ」
というのがオレの答え(そんな風には言ってないけど)。

うん、これって子育てや保育の中でも大切なことですよね(笑)


帰り道、バイクをゆっくりゆっくり走らせながら色々考えました。
オレってどういう思いで青年部をつくり、活動してきたんやったっけ?ということなんかを。
ほんでほじくり返しましたよ
福祉保育労京都地本青年部を立ち上げる時にみんなで考えた文章を。

第一回青年部大会決議
(メモ帳やワープロソフトにコピペしてお読み下さい)Macでしか読めないかも?
第一回青年部大会決議win
(vistaで見てみましたが、改行も何もかんもなくなっていてむっちゃ読みにくくなってましたすいません。どうしていいのかわかりません)

オレは主に第3章を書いているんですが、
いや~、熱いね!

私たちは今の不自由な社会から一人一人が「自由」になるための青年部を目指します。

このフレーズ最高!自画自賛!!

今の労働組合面白くない!若者がイキイキやれてない!
だからイキイキとやりたいことを楽しくやるための部署を作ります!!
何と自分勝手な(笑)
でも、なんだか凄いエネルギーを感じます。

現部長さんには
「青年部の運営が大変やったら、青年部なくしてしまってもいいんとちゃう?
必要になったら必要な人がまた作るんやろうし…」
何てことを言いましたが、しっかり引き継いでくれるそうなのでよろしくお願いします。
だってさ、青年のため(オレにとっては自分のため?)に作られた青年部のことで
今の青年が(部長さんが)困ってるなんて可愛そうぢゃないですか。
だから青年部OBとしては
青年がイキイキ好き放題やれるようにバックアップしまくる決意でございます。
何でも言うてね~。
 
 
 
かねまるさん。
誕生日プレゼントはですね、
娘さんからは絵と手紙を貰いました。これが可愛いのよ。
嫁さんからは服を貰いました。
ケーキも食べました。
他にも職場の仲間たちから色々貰いました。
ありがたいことです。
あ、ウチのお母ちゃんからは韓国海苔を大量にいただきました。何で韓国海苔? 
 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

京都の宣言に学んだのは、もう10年以上も前なのですね。

青年部をつくるときは、思いが溢れてるからなんでもできるよね。
代が変わるたびに、「今までやってきたことをこなす」感がつよくなって「しんどい」がつよくなって。楽しそうじゃなくなっていく姿を東海でも見てきましたよ。

「方針にはずれてなければ、何をやっても大丈夫」
東海では青年にそう言い続けてきました。

まじめなことも楽しく
そんな青年(部)の活動を陰ながら(正面から?)応援しましょうね。
【2009/09/13 02:01】 URL | jaws #- [ 編集]


自分が後悔しないためにとか、自分がより良く生きるためにとる行動が、結果的にまわりの人の為になっている。。そんな生き方すてきやと思います。
最近そんなことを思います。
誰かのためとか何かしなくちゃと思うとしんどいですが、すべて自分がよりよく生きるためになら、頑張れるような気がします。
もっとも、まわりが大変そうに思っていることでも、本人にしたら、楽しくてしょうがなかったり。そんなこともありますよね。

考えを形にして、行動に移していくことは大変やけど、そうして見守って下さる人がいるのも、また頑張れる力になるのかもしれません。


たくさんのプレゼントやったんですね
お誕生日のおめでとうは、年を重ねても、なんやかんやで嬉しいもんですね。
娘さんのはかわいらしかったんでしょうね
大量の韓国海苔には笑いました(*^□^*)
【2009/09/13 17:20】 URL | かねまる #- [ 編集]


ワタシも思ったよ。
「青年部があることでしんどい思いをするくらいならなくせばいい。
また、必要になったときに立ち上げればいい。」
でも、細々とでもいいから、続けていきたい。
いつか、必要な人が来るかもしれない。
だから、定例で「毎月第1月は青年部」といい続けてきました。
それがよかったかどうかはわかりません。
後輩ちゃんたちがどう思っているかわかりません。
うちでも「なぜ、青年部か」を振り返ってワタシタチのスタイルをつくっていきたいものです。
【2009/09/13 21:56】 URL | ぐち☆ #- [ 編集]


この間、本棚の整理をしていたら出てきたのよ 大会準備資料
「あぁ、なつかしい」と読みふけってしまったよ

こんな思いで色々と話したり考えたりしてたのか、しんどかったけど楽しかったな
とか、いろんな思いが交差しました

今はそんなふうに物事を考える機会がなくなってしまい、毎日がのんびりゆったりモード
資料を読んで、頭使ってるやん! とうれしくなりました

今の部長さんは私たちの時代とはまた違う悩みが出てきてるのかもしれないですね
基本的な部分はいつの時代も同じだとは思うけれども・・・
もっと、流れるスピードがアップしてあの時代でも激流に流される・・・と
思ったけど、今は嵐か津波かというくらいなんでしょうね

それでも、そんな時代やからこそ「自分が前向きに」っていう姿勢でいられるのは
羨ましいです 強い人だね きっと誰でもみんなその強さは持ってるだろうけど、
活かせるか、活かそうとしているか、がその人の生きざまなんかなぁ

いつも、気にかけてる人や応援してる人が沢山入ることを、伝えて下さい
                             まさよ
【2009/09/14 13:57】 URL | #- [ 編集]


いやいやいや!
何をおっしゃいますやら…全然ステキじゃないですよe-263
いつもアップアップしてますやんか~e-452
でも、悩みながらも前に前にと進みたいんです。
先輩たちが築いてきたモノとか、大切にしてきた思いとか、壊したくないんです。
で、ウチらのスタイルを見つけたいんです。
これからも強力なバックアップ、こけたら手を貸して下さいね!e-257
【2009/09/14 21:47】 URL | Yumi #- [ 編集]


誰にいわれるのでなく、やりたいことを思いっきりやる!やったもん勝ちが青年部!
みんなといることが、楽しくてしかたなかった、、一緒に学び、遊び、ギラギラ輝こうとしていた、あの頃。
実はpikoさんが卒業した時に私も一緒に卒業したかったのが本音でした。
でも、京都の青年運動に求められ、全国にも・・・、次代につなげるための役割として、この4年間を過ごしました。
たくさんの仲間が福祉の現場を去っていきました。
悔しい思いもしました。
寂しく、ひとりぼっちで踏ん張ってると思う時もありました。

でも可愛いくて、有望な後輩達もでてきて、勇気もでました。
求められたら応えたい・・・
私も同じです。
ですから、これからも何も変わらずに歩き続けるのみです。
【2009/09/14 22:13】 URL | DONちゃん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pikopikapoko.blog24.fc2.com/tb.php/196-c4ccc368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。