プロフィール

PIKO

Author:PIKO
最近メジャーになりつつある男性保育士です(ブームは去った?)もう10年以上やってるので一般的には「中堅」のポジションですが、わざわざいろんな事を試してみたり。わざわざ波紋を投げかけるようなコトしたりする困ったちゃんです。
いろいろ言われても小さくならずに自分の考えを言う&行動する。これが「武闘派」たるゆえん。
ま、女性社会でうまくやっていくにはそれなりの処世術も必要なんですが…。

twitter リンク

__PIKO__をフォローしましょう

カレンダー

05 ← 2017/06 → 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

オレの話聞いてんか
男性保育士(武闘派!)がその日常を語ります。でも、仕事の事よりも趣味的なあんなコトやこんなコトの話題の方が多いかも?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

担任
今年の受け持ちクラスは5歳児です。年長ぐみです。
去年は4歳児だったので、そのまま持ち上がりです。

ということで仕事の(クラスの)話は終わります。
だって書き出したら愚痴とか文句ばっかりになって終わらなくなるから(笑)
ホンマ苦労してます。でも苦悩はしてないのでご安心を。



この前、三重県伊賀市に行ってきました。
忍者博物館が見たかったから。
娘さんの行っている保育園のクラスでは、
「忍者」の取り組みというか、ごっこ遊びが行われていて
娘さんもなかなか楽しそうなので、
ホンマもんの忍者及び忍者屋敷を見せたいな&自分が見てみたいなという思いで出発!
(娘さんの園の遊びをパクって、自分のクラスでも忍者の取り組みをしてることは内緒だよ)

国道という名の山道(車一台分しかない道だよ)を通ってしまったので疲れたが、無事到着。
娘さんに「忍者屋敷に行くで」と言ったら
「お化け屋敷」か何かのイメージがあるみたいで
「イヤダ!イヤダ!」と言っていたが、
忍者屋敷の前まで行ってみると、あら不思議。なんにも怖くない。
あとはルンルンというか、ちょっと興奮気味で見学している娘さんであった。
ゴムのクナイと手裏剣を買ってご満悦。
クナイの出来が良くってもう一個買っときゃ良かったなと後悔。

そして、「娘さんに忍者屋敷を見せてやる」というのは建前で、
私の本当の目的地へと向かった。
それは『福永衣料』という服屋さんへ行くこと。
なんで、まちの洋服屋さんに行くねんとお思いでしょうが、
実は衣料品店とは表向きの姿で、実はそこは『伊賀流忍者店』という裏の姿があるのだ。

いや、実際はおばちゃん向きの服と忍者グッズが半分ずつあって
なんだか、不思議な雰囲気のお店です。
近所のおばちゃんが、おばちゃん用の服を買いに来てました。
交わされる会話も世間話で、「ああ、おばちゃんは忍者のくせに、そんな風にしてオレを
欺こうとしているんだよな、さすが伊賀の国、忍者の国」と溜飲を下げた次第です。

その忍者の店でかったのはこれ

大人忍者

忍者装束(大人用)

自分だけ買うのもなんなので、親子で楽しめるようにこれも

子ども忍者

忍者装束(子ども用)

嫁さんもいる?ときいたら「いらん」と言われた。

実は結構高かった。

値段?それはココでは言えへんなぁ。あんたようそんなん買うなって呆れられるから。

でもね、
これを着て『伊賀上野NINJAフェスタ』に参加するよ~!!!
むっちゃ楽しみだ。

職場にも着て行って子ども達をビックリさしたろ~。
泣く子もいるやろうな…。
 
 
 
 
Yumiさん。
折れちゃダメ!折れちゃダメなんだよ~!!
折れちゃったら仕事だけでなく、その後の自分の人生も大きく変わっちゃうんだよ~!!!
でもね、人の心を折っちゃうのはもっとダメ!!!!!!!

一人担任は辛いけど、複数担任でギクシャクするともっと辛いよね。
 
 
 
apeさん。
貴女充分頑張ってるやん。
むしろ頑張りすぎ~。
就活ですか。
自分に合った仕事ってなかなか巡り逢わないんでしょうね。
ん?自分に合ったというより、自分が何をしたいかが大切なんか。
自分は何をしたいのか、どう生きたいのか…。永遠のテーマかも知れませんね。
それに、離れてからわかることもあるもんね。
就活頑張って下さい。是非、新しい自分を発見してください。
「就職祝いの会」をやろうね。
 
 
 




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pikopikapoko.blog24.fc2.com/tb.php/185-95f04ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。