プロフィール

PIKO

Author:PIKO
最近メジャーになりつつある男性保育士です(ブームは去った?)もう10年以上やってるので一般的には「中堅」のポジションですが、わざわざいろんな事を試してみたり。わざわざ波紋を投げかけるようなコトしたりする困ったちゃんです。
いろいろ言われても小さくならずに自分の考えを言う&行動する。これが「武闘派」たるゆえん。
ま、女性社会でうまくやっていくにはそれなりの処世術も必要なんですが…。

twitter リンク

__PIKO__をフォローしましょう

カレンダー

03 ← 2017/04 → 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

オレの話聞いてんか
男性保育士(武闘派!)がその日常を語ります。でも、仕事の事よりも趣味的なあんなコトやこんなコトの話題の方が多いかも?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚生労働省交渉(東京行き~)
え~と、先月の話ですが、
2月24日にダーツ大会がありまして、ダブルスで出ました。
しかし、ラウンドロビン(予選リーグですね)で惜しくも3位で敗退いたしました。
(2位までが予選通過)
相棒の力量により(私より随分上)自分の実力以上の「Bフライト」という激戦区に出たのですが、
実力詐称っぽい人達の中で、自分としてはそこそこ頑張れました。
前日の練習よりも落ち着いて投げられたし、フィニッシュも2回決めた。
あと1ゲーム取ってたら決勝リーグに行けてたかも、というところです。善戦健闘です。

しかし、だがしかし、
善戦健闘はもういらんのですよ!!!
勝ちたいね。あぁ勝ちたい。
 
 
 
ちょっと前に組合の用事で東京行ってきました。
所謂「中央行動」ってヤツですね。
厚生労働省は2007年8月に
「社会福祉事業に従事する者の確保を図るための措置に関する基本的な指針」
というのを出しているのですが、
それをきちっとやれよ、事業主にやらせろよ、
結局のところ国がもっとしっかり金出さへんと
福祉で働く者の労働条件はちっともよくならへんのやで、
という事を厚生労働省に念押しする&実態を訴えるために交渉の場が持たれました。
(と私は思っている)
ほんで、私は厚生労働省の役人に非常勤職員の悲惨な実態を訴えてきました。

・ほとんどが年収200万円以下である。
・常勤職員も給料安すぎだが、非常勤職員はもっと悲惨である。
・収入が低くて親から自立できない、結婚できないと悩んでいる。
・果敢にも一人暮らしをしている者は給料日前には1日バナナ1本で食いつないでいる。
・常勤職員として働きたいが採用がない。
・賃金が安すぎて非常勤職員の募集をしても人が来ず、現場は困っている。
・すべての非常勤職員を常勤として雇用するべきである!!

もっといっぱい喋りましたが、こんな感じでした。
福祉の予算は全く持って充分とは言えないのですよ!!
もっとがんばれ厚生労働省!!

厚生労働省からは7人ぐらい「○○課」の係の者がこられていましたが、
ほとんど私より年下の若造。(たぶん)
多くの参加者からもそれぞれの実態が訴えられたが、彼らにどれくらい響いたのだろうか?
たぶん現場の事なんて知らんのだろうな。
ま、だから彼らに教えていってあげなあかんのやなと思いました。
国民サービス向上のためにしっかりと働く公僕として成長していって欲しいもんである。
 
その後、小学校時代からの友達の所に行きました。
久しぶりの再会。
いろいろ喋って、食って、酔っぱらって10時頃に寝てしまいました。
お互いを取り巻く環境は変わっても、再会するとすぐに心は“あの頃“に戻りますね。
大切な友達です。
よって東京ダーツはナシ。もちっと腕を上げてから乗り込もう。
 
 
 
みややわさん。
京都市の貧困な乳幼児医療制度のおかげで
3割負担となる3歳になる前に耳鼻科を受診して取ってもらいました。
だから1年半から2年くらいの年月を経ているはずです。
 
 
Yumiさん。
へその緒と一緒に大切に保管しておこうと思います。
娘さんは時々、こちらがひっくり返るような面白い事を言うのですが、
私がすぐに忘れてしまうのよね。
すぐにメモしとかなくっちゃぁね。
 
 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
なんとかしてよという思い
ういっす。厚生労働省とのやりとり、よかったです。
キレ味ある特攻隊長でしたね。

非常勤職員、組合的にも置いてけぼりできたような側面もあります。

福祉施設職員、30代半ばまでで6割近く、パラサイトが大半という調査結果もありますが、

結婚できないとか、自立できないというレベルをこえて、

低年金になった親、それまでは家賃払ってくれていた親を抱える状況がもう出てきているなかで、ほそーい収入で大黒柱みたいな状況もきこえてきています。

東京ではこの3年程度は新卒は就職好景気ですが、福祉にしぼれば、約10年氷河期で、どんどん冷たくなるばかり。正規でも年収は手取りじゃ落ちてるぞと。

さて、担当のお役人相手に100人近くいて、言いたいことがまずあるという人が少ない(用意してきた人が)のが残念でした。

そのあとはそれなりの展開がされてほっとはしましたが。

なんとかしてよ、という思い。

でも、

言いたいことが伝えられないと、しょせん、要求なんて通らないですよね。

関西の人の発言が多い中でしたが、おとなしい東京の、それでも厳しい状況にあるみなさんには刺激になったと思います。
【2008/03/10 01:22】 URL | tamy #pj1DWDpE [ 編集]


東京行きご苦労様。私も行く予定でしたが、なんとインフルエンザに罹ってしまいました。(よりによってもう終息宣言をしているのにね。)

あーた、そんなに頑張って発言したんか?素晴らしい!
なかなか読ませる記事でした。
【2008/03/11 18:04】 URL | 雲刻斎 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pikopikapoko.blog24.fc2.com/tb.php/169-d902e321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。