プロフィール

PIKO

Author:PIKO
最近メジャーになりつつある男性保育士です(ブームは去った?)もう10年以上やってるので一般的には「中堅」のポジションですが、わざわざいろんな事を試してみたり。わざわざ波紋を投げかけるようなコトしたりする困ったちゃんです。
いろいろ言われても小さくならずに自分の考えを言う&行動する。これが「武闘派」たるゆえん。
ま、女性社会でうまくやっていくにはそれなりの処世術も必要なんですが…。

twitter リンク

__PIKO__をフォローしましょう

カレンダー

03 ← 2017/04 → 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

オレの話聞いてんか
男性保育士(武闘派!)がその日常を語ります。でも、仕事の事よりも趣味的なあんなコトやこんなコトの話題の方が多いかも?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ご飯』に“労働”を加えると『おにぎり』になる。
3歳児の娘さん(今、4歳5ヶ月)の保育園での話。

おやつの時間に先生が
「朝にパンを食べてきた人、おやつを取りにいって下さい」
と言う。該当者はおやつを取りにいって椅子に座る。
「朝にご飯を食べてきた人、おやつを取りにいって下さい」
と言う。該当者はおやつを取りにいって椅子に座る。
それではいただきます。とおやつが始まる。
その時、子どもの泣き声(ウチの娘さん)。
どっちの質問の時も取りに行かず、
一人だけおやつが手元にないまま座っていたのである。
先生は聞く
「何を食べてきたの?」
娘さんは答える
「おにぎりを食べてきた」
先生は絶句する(それは、ご飯を食べてきたという事でしょう!)

お迎えの時に嫁さんが先生にいわれた
「娘さんはわかっていない」と。
ちなみにそのクラスでは
「キャベツは野菜ですか?果物ですか?」
というような質問も子どもにやってるようで、娘さんはちゃんとわかっている。
たぶんね
茶碗に入っていて特に味が付いていないのが『ご飯』で、
握ってあって味が付いてたり何かが入っているのが『おにぎり』と
考えているのではないだろうか?

質問のしかたが悪いんだと思う
「おにぎりを食べてきた人」や「うどんを食べてきた人」
を追加するべきだ。
それか
「ご飯でできたものを食べてきた人」にする。
これなら五平餅やきりたんぽを食べてきた子も該当者だ。
いや、しかし、プリンだけを食べてきた人はどうするんぢゃ!!

次の日も先生は同じ質問をしたらしい。
娘さんは昨日と同じ事をしたらしい。
先生の
「おにぎりはご飯やん」
と言う声も知らん顔して口をとがらしてそっぽを向いていたらしい。
娘さんから聞いたのだが、
周りの子達が口々に「それはおかしい」「おにぎりにご飯入ってる」
とかいうのがイヤだったそうだ。

その日もお迎えの時に嫁さんが先生にいわれた。
「何でできているかわかるようにおにぎりを作らしてあげてください」
あのな、そんな事はとっくの昔からやってるし、
包丁持って料理の手伝いもやってます。
娘さんも頑固だが、この保育士も相当頑固だ。
当然、私も頑固だ!!

娘さんに聞いてみると『おにぎりはご飯でできている』と言っている。
ぢゃあ問題ないぢゃん。

次の日のお迎えの時にも先生がやってきて
「やっとわかってくれたんです!!これで安心して4歳児に送り出せます!!」
と嫁さんに言ったそうな。
嫁さんは“もうええっちゅうねん”と思ったそうな。
私も“もうええっちゅうねん”と思った。

夜寝るときに娘さんが言った。
「先生を喜ばさなあかんねん」
それは、
『先生の言うとおりにして気に入られる事が保育園でうまくやっていくコツだ』と
言っている様に聞こえた。
ものすごく残念で悲しく思えた。
子どもの方が社会のありようをリアルにとらえているというか何というか…。

保育士の仕事というのは責任重大です。
担任の先生にはもちっと柔軟さを持って欲しいですな。
いっぺんとやかく言った事があるのでもう言いたくないが、
一言言いたくなりました。
私なら『おにぎりはご飯と違う』という子どもには
アンタ凄い発見したなぁと抱きしめてあげるのにねぇ…。
 
 
 
まこっさん。
ノロはノロで大変ですよねぇ。
娘さんはすぐに熱も下がって元気になりました。
子どもの風邪がうつれば本望ぢゃ!
てなくらいの感じで一緒に遊んでいました。
まだ私は発病してません。
 
 
Yumiさん。
ウチの園ではポツポツ出始めました。
第一弾の方々が復帰してきて以降出てないんですが、
このまま増えないでいて欲しいです。
 
 
新米ママさん。
ウチの職場は比較的理解ある職場ですが、
それでもどうしても休めない瞬間というのがあります。
今回はその間をぬってお互いうまいこと調整できたのでよかったです。
どっちがどんだけ休むのかというのは悩ましいテーマでありますね。
 
 
雲刻斎さん。
ブログ開設おめでとうございます。
「希望は革命」!!「辛淑玉に御寸志」!!
コメントをせっせと投稿しますから、末永く続けていって下さい。
ちなみに私の続けていく原動力は皆さんからのコメントです。
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

Yumiだったら…手あげない子がいたら、何食べてきたん?って聞くかなぁ…
プリンだけはもちろん、ポテチだけの子とかいますから(笑)

でも、やっぱり柔軟さは大事やし、受け止めてあげる力ってほんまに必要やなと思います。
出来てないこと多いですけど…
【2008/02/03 00:49】 URL | Yumi #- [ 編集]


おじょうさんは、えらい!!
なのに、「大人を喜ばしてあげなあかん」なんて、なんだか切ないですね。
私なら、そこは頑固にいっておきましょう。って感じですけど。

でも、そんなこと聞くんですねー。
何も食べてこなかった子とかいたら、どうするんでしょう。
子どもを通して親に指導したいんですかね。イジメのもとな気がします^^;


【2008/02/04 16:14】 URL | LISA #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pikopikapoko.blog24.fc2.com/tb.php/165-2481fbff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。