プロフィール

PIKO

Author:PIKO
最近メジャーになりつつある男性保育士です(ブームは去った?)もう10年以上やってるので一般的には「中堅」のポジションですが、わざわざいろんな事を試してみたり。わざわざ波紋を投げかけるようなコトしたりする困ったちゃんです。
いろいろ言われても小さくならずに自分の考えを言う&行動する。これが「武闘派」たるゆえん。
ま、女性社会でうまくやっていくにはそれなりの処世術も必要なんですが…。

twitter リンク

__PIKO__をフォローしましょう

カレンダー

03 ← 2017/04 → 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

オレの話聞いてんか
男性保育士(武闘派!)がその日常を語ります。でも、仕事の事よりも趣味的なあんなコトやこんなコトの話題の方が多いかも?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンパンマンの映画
日曜日に家族3人でアンパンマンの映画に行ってきました。
「いのちの星のドーリィ」です。
私、アンパンマンの映画は初めてです。
っていうかテレビもあんまり真剣に見てなかったのですが…。

感動しました。

ああ、自分でもビックリ。

「アンパンマンマーチ」がそのまま今作のテーマ

「なんのために 生まれて なにをして 生きるのか
 こたえられないなんて そんなのは いやだ!」
「なにが君の しあわせ なにをして よろこぶ
 わからないまま おわる そんなのは いやだ!」


自分はなんのために生まれ、どう生きていくのか。

深い、深すぎます。
重い、重すぎます。

中学生や高校生に見せてレポート書かせられるくらいの内容です。

保育園児は画面の上での出来事を見て楽しんでいるけど、
大人自身も考えさせられる内容です。

アンパンマン見てて泣いてたらへんやなと思いつつ隣を見たら、
嫁さんも涙を拭いてたのでちょっと安心した&嬉しかった。




新米ママさん。

「しまった」って思ってるのに、そこに追い打ちをかけられるように罵声を浴びせられる。
これって救いがないですよね。
でも結構、子どもにやってしまってる親が多いんですよ。
大人でも傷つくのに…ねぇ

大丈夫か?って一番にママさんの事を心配してくれるパパさんはステキです。
そうやって自分の事を考えてくれるからこそ、
実際は「へこんだクルマ」という現実の前にショックを受けているであろう
パパさんの気持ちも受け止められて、ちゃんと反省して謝れる。

大切な事ですよね。


じょーずさん。

お互いストレスあふれる仕事をしていますが、家庭では男の方が「大物」になって
女性を支えていってあげるのが大切かな?
子どもがいない間は少々良いとしても、
子どもができたら全力で嫁さんをバックアップする事。
子育てをするお母さんのストレスを無くしていく事が、
子ども達が健やかに育つ世の中につながっていると思います。
保育園の子ども達を見ているなかで、そんな事を思います。
 
 
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
追い討ち
ぐちもこどもにしちゃってます・・・。
あれ???
ぐち、ほんとにプロ?
最近、悩み多き、というか、ホントに見えなくなったいマス。

このまましごとしていていいのかな~・・・。
【2006/08/10 18:08】 URL | ぐち☆ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pikopikapoko.blog24.fc2.com/tb.php/107-8d6007b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。