プロフィール

PIKO

Author:PIKO
最近メジャーになりつつある男性保育士です(ブームは去った?)もう10年以上やってるので一般的には「中堅」のポジションですが、わざわざいろんな事を試してみたり。わざわざ波紋を投げかけるようなコトしたりする困ったちゃんです。
いろいろ言われても小さくならずに自分の考えを言う&行動する。これが「武闘派」たるゆえん。
ま、女性社会でうまくやっていくにはそれなりの処世術も必要なんですが…。

twitter リンク

__PIKO__をフォローしましょう

カレンダー

09 ← 2017/10 → 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

オレの話聞いてんか
男性保育士(武闘派!)がその日常を語ります。でも、仕事の事よりも趣味的なあんなコトやこんなコトの話題の方が多いかも?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サル山
おたふく風邪になった娘さんですが、水曜日には腫れも収束に向かい、
木曜日には何ともなくなっていました。
腫れてた時も熱は無し、痛みも無し、ご飯バリバリ食べる。と、健康そのもの。
医者も「痛くないんかなぁ?強いなぁ」と言ってたらしい。

一応、月~火、土曜日は嫁さんが休み、
水~金は私が休んだ。

木曜日までおとなしくしていたが、
金曜日はおとなしくしてるのをやめました。

二人で猿山に行く事にしました。

京都嵐山の渡月橋の西側。
「岩田山」という山に「嵐山モンキーパーク」はあるのでした。

嵐山が地元の私は昔からよく遊びに行ってました。
いつからモンキーパークなんて名前になったのかな?
『さるやま』やん。

『嵐山モンキーパークいわたやまは、京都の嵐山にあるおサルの公苑です。1957年もともといた野生のニホンザルを餌づけして、一般におサルの生態が観察できるようにと始まりました。現在150頭のおサルたちが、1日中かわいい姿を見せてくれます。岩田山の中腹に餌場が作られており、休憩所や展望台、運動場があります。休憩所からはおサルにエサをやることも出来ます。エサは100円で売店に売っているので買ってね。(持ちこみはできません)』
(ホームページ http://www.kmpi.co.jp/ 施設紹介から)

しばらく登っていくとサルがちらほら。
久しぶりに近くで見るとちょっと怖い。
こちらがなんにもしなければ、なんにもしてこないがちよっとビビる。

20分くらい歩いて休憩所に到着。
落花生を買ってサルにあげる。
サル餌
子連れのサルに優先的にあげる事にする。

娘さんこわごわながらあげていました。
時々サルが喧嘩して「キー」とか言うのにビックリしてました。

山を下りようとした時、餌をやるというので見ていく事にする。
「おーい」と飼育員が呼ぶとワラワラとサルが集まってくる。
サル餌2
150匹くらいいるらしい。
真ん中にいるのがボスかな?
こいつだけリンゴをもらっていた。
餌に夢中になってるサルの真ん中で記念写真も撮ってもらった。

展望台からは京都市内がよく見えて気持ちいいのだが、
ちょっとサルが気になる。
望遠鏡を覗いてるうちにサルに荷物取られたりするんだろうんな。
うん、そういうのありがち。

「服を着てるのが人間で、着てないのがサル。娘さんはお風呂上がりに裸ん坊でいるからサルかも知れんなぁ」なんて話をしながら山を下りていくと、
上半身裸のおじさんが登ってきた。
娘さんは
「お風呂あるんかな?」
と周りをキョロキョロ探してた。
私は娘さんが
「あのおじさん服着てへんしおサルやなぁ」と言わなくてホッとしました。
 
  
今日(5日)は娘さんの誕生日なのでサンマルクに行ってきます。
もう3才。
大きくなったなぁ。
と、しみじみ…。

 
 
新米ママさん。

『面白く生きる』事を心がけているんですよ。
笑福亭釣瓶には「なんでそんなに面白い事ばっかり遭遇するの」と驚かされますが、
彼ほどではないにしても
物事を面白く受け止め
面白そうに人に話す
という事を心がけていきたいですね。
せっかく産まれてきたのやから。

バッテリー上がりの件も
「なにやってんねん!!」と怒る事は簡単ですが、
それよりも、なんでそうなったんかな?という事を考えて、
そういう事をしてしまった人に思いを寄せてみたならば、
怒る必要なんて無いでしょ。
事の一件が終わると、嫁さんがすまなさそうに「ごめんね」
と言ってきたので「きいつけようね」で事件(?)は終わりました。

もしも「なにやってんねん!!」とか怒ってたら、
たぶん、その後も気持ちと関係はギクシャクするんでしょうね。 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

娘さんお誕生日おめでとうございます。
元気になられてよかったですね。
実は私も金曜日に車をぶつけ、主人に謝りました。
ぼーっとしていたわけですが、主人が最初に言ったことは、
「仕方ないやろ。それより、首大丈夫か?」でした。
ちょっとうれしかったです。
PIKOさんもそうですが、相手の行為を責めるより、どうしてそうなったのかと考えることが
相手の気持ちを考えることになっているのでしょうね。
私も、大阪のおばちゃんのように、物事を面白く受け止められる人になりたいです。
【2006/08/05 22:25】 URL | 新米ママ #- [ 編集]


PICOさんはできた人ですね。
私は嫁さんに悪態ついて、一週間は口をきいてくもらえない人です。
PICOさんみたいに大物になりたですわ。
【2006/08/06 00:32】 URL | じょーず #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pikopikapoko.blog24.fc2.com/tb.php/106-0e00bcf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。