プロフィール

PIKO

Author:PIKO
最近メジャーになりつつある男性保育士です(ブームは去った?)もう10年以上やってるので一般的には「中堅」のポジションですが、わざわざいろんな事を試してみたり。わざわざ波紋を投げかけるようなコトしたりする困ったちゃんです。
いろいろ言われても小さくならずに自分の考えを言う&行動する。これが「武闘派」たるゆえん。
ま、女性社会でうまくやっていくにはそれなりの処世術も必要なんですが…。

twitter リンク

__PIKO__をフォローしましょう

カレンダー

07 ← 2009/08 → 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

オレの話聞いてんか
男性保育士(武闘派!)がその日常を語ります。でも、仕事の事よりも趣味的なあんなコトやこんなコトの話題の方が多いかも?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コマジェ納車
ず~っと乗ってみたかった『マジェスティ125(通称コマジェ)』が
用意できましたよとバイク屋さんから連絡があったので、
喜び勇んで取りにいってきました。

嫁さんは先週の土曜日から教習所に通い始めたところで、
まだ免許は取れてないし、
なのにコマジェは納車されるし、
どう考えても
自分がバイク欲しくて
嫁さんを教習所に通わせたようなもんだな
(笑)
アンタ買うの早すぎる!!
とか言うて怒られるんだろうか?
組合の会議が終わって帰ってきたら寝てたので、まだコマジェの存在はばれてない(笑)
明日の朝になんて話そうか。

さて、コマジェちゃんですが乗ってみると結構デカくて重い。
今まで『スーナ100』に乗ってたんやからそりゃそうでしょ。
スーナ50
(ちなみにこの写真は50ccね)
50cc並のボディに2スト100ccのエンジンだから軽快に走って楽しいのです。

それと比べりゃコマジェは125ccとは思えんデカいボディでして、
4ストエンジンの特性とハンドル周りの重たさに困惑しながら
鷹峯を抜けて杉坂口までちょびっと走ってみました。
慣らし運転なのでゆっくりで。
コマジェ(納車)
ちょっと疲れた。
でもすぐに慣れると思います。いつもそうだし。
ゆったりとしたポジションはなんだか大人になった気分。
コマジェではすり抜けとか怖いんでやらんとこ。
慣れるまでの間かも知れないが。

唯一無二のボディと完璧とは言えない完成度をもつこのバイク。
カスタマイズしたくなるのは必然!!
今日は40kmほどしか走ってませんが、それでもわかるごつごつした乗り味。
下から突き上げてくるショックを感じます。
足回りのカスタムなどしたくはなるが、我慢我慢。
ライトの辺がなんだか野暮ったいんよね。
フロントマスクなど変えてみたくはなるが、我慢我慢。
一応買うときにバーハンドルにしてもらったが、いまいち雑な仕上がりなんで、
バックミラーも含めハンドル周りをおしゃれに仕上げたいが、我慢我慢。

スーナなんてリアスポイラーをつけただけでノーマルで乗ってたのに、
コマジェは何かいじりたくなってきますね。
だけど我慢我慢。
娘さん用のヘルメットは買おう。
嫁さんにコマジェ買った事をどうやって話そうかも考えよう(笑)
 
 
 
ぐち☆さん。
都路利は人多いので抹茶洋菓子こばやしのシュークリームをどうぞ。
こっちの方がレア度高いですよ。
ホームベーカリーは
ベーシックな食パンだと強力粉250グラム使います。
あとバターやスキムミルクや砂糖やドライイーストを使いますがほんの少しです。
なので100円もかからないかも知れませんよ。
電気代がどれほどかわかりませんが…。
変な添加物は入っていないのでその点については安全ですよね。
それに美味しいし。
ちなみにパナソニックのSD-BM102ってのを買いました。
 
 
かねまるさん。
パンの焼ける匂いは、むっちゃ良い匂いです。
その匂いで目覚ましよりも早く目が覚めるというのは結構幸せです。
ほんで、パンの真ん中の白いところも美味しいんですが、
ミミが美味しい。むっちゃ美味しい。
オレはミミの所だけでも良いと思っています(笑)
 
 
Yumiさん。
そのアンパンマンピザは
他のピザを食べてお腹いっぱいになったので朝ご飯に回されました。
しかし、朝ご飯で食べるのを忘れ何日かたち
食べられることなくさようならをしました。
お~い。忘れるなよ~。
オレも忘れてたけど…。

チーズのせて焼いたらホラーアンパンマンピザになったと思いますが、どうでしょう。
 
 
 
スポンサーサイト
誕生日(娘さん)
5日は娘さんの誕生日でした。
6歳です。
もう6歳か…。としみじみと感じます。

ウチの娘さんは高いところが苦手で、
ジャングルジムは2段目までしか登れなかったし、
雲梯は今もできません。
力(筋力)的には絶対できるし「ふにゃふにゃ言わんといったらんか~い!」
ともどかしく思ったりもします。
しかし、娘さんはコツコツと雲梯の練習を続け、
少しずつ高いところで練習ができるようになってきました。
ジャングルジムもこの前てっぺんまで行けるようになりました。
6歳としてはまだまだなんですが、できる子達の姿と自分を比べて
“どうせ自分はできひん“と決め込んで課題から逃げるのではなくて、
目の前の目標を設定して一つずつそれを越えていくのは
すばらしいなぁと親バカですが思っています。
これからも健康で元気に育っていってくださいね。

そんな娘さんにピザを焼いてみました。
ちょっと前にホームベーカリーを買ったので
(結婚記念プレゼント---しかも嫁は結婚記念日なんてすっかり忘れてたし)
それでピザの生地を作り
アンパンマンを作ってみた

ピザ焼く前

焼いてみたらこんななりました

ピザ焼いた後

ホッペがふっくらしてかわいい。
チーズのってへんと娘さんには不評(笑)

ホームベーカリーは楽しいね。
起きる時間に出来上がるようにしておくと
パンの焼ける良い匂いで朝を迎えられます。
味もバツグンに良いです。
実は買ってくる方が安いというのは内緒だよ。
 
 
 

新米ママさん。
小難しい用語をならべましたが、
4歳児はいろんな事で自信なくして苦手意識を持ってしまいがち
ってことです。
できること、楽しいことをどんどんやっていったら
自然と克服して行くものだと思っています。
ちなみに、前回の内容は、白石正久氏の発達の扉(上)を参考に書かせていただきました。
詳しくはそちらで~(笑)
 
 
 


嫁の涙(ドキッッ!?)
早出の仕事を上がり、ダーツの置いてある喫茶店で
ダーツも投げずに風呂敷残業をし、娘さんの保育園にお迎えに行き、
娘さんのお昼寝布団やらをかかえて家に帰ると

家真っ暗。
いや、テレビは付いているぞ。
よく見れば嫁さんがいる。
なんだか元気がないぞ?様子がおかしいぞ?
よく見りゃ涙を浮かべているぞ!!!

こういうシチュエーションって
ドキッッッ!!!とする
別にやましいことがあるわけぢゃなくてもだ。

どうしたん?と話を聞いてみると、
「バイク(50cc)乗ってて、スピード違反で警察(覆面パトカー)に捕まった」
ということでした。

あぁ、なんともかわいそうに。
違反は違反だし法律は守るべき物なんですが、
ノルマがあってそれをクリアするために50ccばかりを狙って
取り締まっている様に見えてしょうがない。
取り締まるべき悪質なドライバーは他にもいっぱいいるのにねぇ。

嫁さんは反則金7000円が悔しいらしい。
オレは半日潰れる講習の方がめんどくさい。
オレはいつも免許更新したとたんつまらん違反で捕まるので
いつまでたっても3年の青免許です。

嫁に2輪の免許取ったらどうや?と持ちかけてみる。
50ccで公道を走るのはなんやかんや言ってもリスクが高い。高すぎる。
もちろんここでのリスクとは警察に捕まるリスクだが。
するとかなり乗り気のご様子。
小型ATで充分ということなので調べてみると
教習価格は38000円。
案外安かった。
嫁さんの気が変わらんうちに申し込みに行こう。
ほんでオレの乗ってる100ccを嫁さんに譲って
オレが新しいバイク買おう!!
なんや、それが目的かい(笑)
 
 
 
Yumiさん。
クリームの味でいいますと都路里(辻利)なんかの抹茶の味に負けないくらいの
抹茶感です。それが100円とか120円の世界ですからかなり安いです。
お店には辻利のカレンダーがぶら下がってたよ。
機会があれば是非ごちそうしてあげたいです。
 
 
 
 
新米ママさん。
お久しぶりです。時々しか書いてないもんですいません(笑)

ご質問の答えですが、娘さん本人を見ていないのでなんとも言えない部分はあるのですが、
娘さんは3・4歳児の特徴的な姿を見せているんではないでしょうか。
「おおきい・ちいさい」等二つの物を対比的にとらえられるようになると「できる・できない」「かった・まけた」等の二分的評価の世界にも自分を置くようになります。「できたかできなかったか」「これでいいのかあかんのか」周りの目がとても気になる時期です。今までは好き放題無邪気に自信満々ですごしていたくせに(笑)
「できなかった」という結果を積み上げて、だんだんと苦手意識を持っていったりもします。
そんな二分的評価の世界から抜け出すには周りのあたたかい眼差しが必要です。
親として娘さんの素敵なところをキチンと見てあげられていれば大丈夫だと思います。
保育園の先生が無理にやらせないのもそれで良いと思います。
大人がなんぼ手をひっぱても無理ですから。
自分の中の矛盾(課題)を乗り越えられるのは自分でしかないので。
5歳児になって大きい小さい、できるできない、買った負けたという事柄の「あいだのせかい」が見えてくると世界はまるで違った様に見えてきます。今はその力を蓄えていると思っても良いですよ。

などと、わかった風なことを書いていますけど、
自分の担任している年長組はさんざんなクラスですからね~
何にも偉そうなこと言えません。
これ読んでいる保育士仲間の皆さん、おかしな所あったら指摘よろしく。
  
  
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。