プロフィール

PIKO

Author:PIKO
最近メジャーになりつつある男性保育士です(ブームは去った?)もう10年以上やってるので一般的には「中堅」のポジションですが、わざわざいろんな事を試してみたり。わざわざ波紋を投げかけるようなコトしたりする困ったちゃんです。
いろいろ言われても小さくならずに自分の考えを言う&行動する。これが「武闘派」たるゆえん。
ま、女性社会でうまくやっていくにはそれなりの処世術も必要なんですが…。

twitter リンク

__PIKO__をフォローしましょう

カレンダー

12 ← 2006/01 → 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

オレの話聞いてんか
男性保育士(武闘派!)がその日常を語ります。でも、仕事の事よりも趣味的なあんなコトやこんなコトの話題の方が多いかも?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三匹のこぶた
京都の大丸の外国おもちゃ売り場にこんなんありました。

ぶたパッケージ


開けてみると。

ぶた開けてみた


ジャジャ~ン。

こんな具合に三匹のこぶたごっこができるんですね。

あれ、ぶたのお母さんがおらんぢゃないか。
と思ったら。

ぶた母&オオカミ


オオカミをひっくり返せばお母さんが出てくるんですよ。
あらびっくり。
でもなんでリバーシブルなわけ?

これで娘さんと遊びました。
しっかりオオカミ役もこぶた役もできるのでおもしろいです。
保育園でもそういう遊びがあるみたいで、
オオカミ登場の歌みたいなのを歌ってくれます。
「~~ふんふんふん、ぶた~の匂いだうまそうだ~」
っていう歌みたい。
ほんで、
「こんな家、吹き飛ばしてやる。フウフのフ~~~~!」
とやってくれます。
レンガの家だったら。
「フウフのフ~~~~………。あれぇ?」
と首をかしげたりして芸が細かいです。

楽しいのですが、
家に細かいおもちゃばっかり増えるのが困りものです…。

ちゃんと片付けてね。

このおもちゃ、もう一種類「赤ずきんちゃん」のもありましたよ。


makoさん。
私の身近な人たちは「絵本読みながら泣くとか言っていい人ぶりやがって」なんて事を言ってくれるのですが、
仕事で子ども達に読む時ってそれなりに感情込めて読むぢゃないですか、だからウルッときてしまうんですよ。
一人で読んでるときはだいぢょうぶなんですが…。
おもしろい本はいろいろあるので機会があればどんどん紹介していこうと思います。
makoさんの娘さんも10ヶ月なので、絵本の世界でどんどん楽しめるようになってくるんでしょうね。

ぐち☆さん。
林明子さんの「きょうはなんのひ」は楽しいですよね。
両親を楽しませよう、喜ばせようといったエンターテイメント精神を持った女の子がいいですね。
それに乗っかって手のひらで転がされる父母も。
私も娘さんの誕生日にでもこんな仕掛けをやってみたいなと思っています。
「あらしのよるに」は全然知らんのですよ。
まだ見ぬ絵本なんてホントにたくさんあります。


スポンサーサイト
絵本の話2
今回は
読みながらちょっと泣けちゃう絵本の話。

『しょうぼうじどうしゃじぷた』
しょぼうじどうしゃじぷた

これはですね、引っ込み思案で自信が無くてコンプレックスの塊だった頃の自分の姿と重ねてしまうんですよ。
「じぷたよかったね」という気持ちや
「必要のない人などいない」という思いや
その人のいいところをしっかりと見ることのできる人でありたいという気持ち
なんかがごちゃ混ぜになって
署長さんの「よし、じぷただ。たのむぞ!」の台詞のところから
「ぷーぷーぷー…もうだれもわらいません」のところで
もう鼻声ですよ(笑)
消防車がいっぱい出てくるから子どもがこの本好きだという声も多いのですが

私は完全に「人生に傷ついた大人」の見方をしていますね。

これ書きながら、ちょっとウルウルきています(笑)


『あやちゃんのうまれたひ』
あやちゃんのうまれたひ

これはそのまま。
娘さんが産まれたときのことを思い出します。
予定日すぎても産まれてこなかったよなぁ。とか。
入院してから19時間くらいして産まれたなぁ。とか。
産まれたときはホントに嬉しくて幸せな気持ちになったなぁ。とか。
娘さんが産まれてくることをみんなが心待ちにしてたんだよなぁ。とか。
娘さんが憎たらしいこと言うようになってもこの本読んで産まれたときのこと思い出そう。
これ書きながら、ちょっとウルウルきています(笑)

他にもあると思いますが、皆さん泣けちゃう本ってありますか?


makoさん。
こどもチャレンジを敵視してるわけぢゃないですからね~。
しまじろう好きな人の言い分も聞いてみてくださいね~。

「ももんちゃん」シリーズってとってもおもしろいですよね。
ウチの園では「すりすりももんちゃん」が人気です。
っていうか今はそれしか部屋に置いてないよな。うん。他の何処行った?

林明子の代表作品はやっぱり
「はじめてのおつかい」でしょうか?
私は「こんとあき」が好きです。
娘さんを鳥取砂丘に連れて行ってあげたいです。
私の母親が林明子大好きなので実家に行けばいろいろあるのです。


こっそり見てくれているぐちこさん。
東京駅の近所のでっかいマルゼンで絵本みていろいろ喋っておもしろかったなということを思い出しました。
またお会いしましょう。


絵本の話
職場のコ達と焼き肉食ってボーリングに行ってきました。
ひさしぶりです。
親指が入らないので泣く泣く重たい玉を投げました。
2ゲーム目は130ピンいったのでまぁまぁといったところでしょうか。
でも2ゲーム目の途中ですでに疲れています。

軽い玉にデカい穴希望!!


そう言うヤツはマイボール買えって事ですか。
それはちょっとねぇ…。
その前にうまい人が付けてるあの「コテ」みたいなのが欲しいな。


さて、絵本の話です。
私、絵本好きです。
ベタなところで林明子とか好きです。
さとうわきこや五味太郎も好きです。

絵本はそんなに安いもんぢゃないし、しかも場所を取るし、
これ欲しいなと思うのを買ってたらきりがないので、
毎月1冊(時には2冊)娘さんの誕生日(5日)あたりに買っています。
もちろん親が(私が)選びます。
娘さんに選ばすとどうしてもアンパンマンとかおかあさんといっしょとかのキャラクターもんを選んできますからね。
そういうのは世の中にあふれているので、ほっといても巡り逢うのですから、わざわざ買う必要はないかなぁと思っています。
子どもは喜ぶんだろうけど。

makoさんのご質問の子どもチャレンジですが、
それはそれで否定はしません。
その教材やビデオをいっぱいもらったので見てみましたが、
ウチの娘さんもじ~っと見てました。
チャレンジの方は「知育」という方向性を持ったものですよね。
だから絵本の世界とは若干向きが違うかなと思っています。

いろんな意見があるかとは思いますが私が思うのは、
乳児期の知育という物にどれくらい効果があるのかな?という事。
ビデオを見せていてもかしこくはならないんぢゃないかな?という事。
むしろ乳児期には大人や自分への信頼感や生活(睡眠)リズムやいっぱい体を動かして遊んで何でもしっかり食べることやらなんやらかんやらが大切なんぢゃないか?という事。
大きくなったときに心に残っているのは絵本の物語の世界ぢゃないかな?という事。
娘さんをヒザに座らせて絵本を読むその時間がこの上なく幸せな事。
挨拶や歯磨きなんかの習慣やしつけはしまじろうが言うからやるんぢゃなくて親がきちっと見本を見せるべきではないのかいな?という事。

すいません。
否定しませんとか言いながら否定したみたいになってますが、チャレンジを購読したとしても、しなかったとしても、

絵本は絵本で大いに楽しんで下さい。

という事です。
子どもと同じ時間とイメージを共有するのってお互いにとっていい事だと思います。
これからそんな何年もヒザに座ってくれるわけでもないだろうし、今のこのときを本当に大切にしていきたいと思っています。


シンデレラ
ああ寝てしもた。
娘さん寝かすとそのまま一緒に寝てしまいました。
昨日もそのまま朝を迎えた。寝るつもり無かったから腕時計したままやったりして跡がついて痛かった。
でも今日は1時半に目が覚めた。
んで、台所片付けて、風呂入って、仕事して、こんなことやってます。

早よ寝ろよオレ。

ディズニーランドに行く前後から嫁さんはディズニー関係の絵本をいろいろ買ってきたり、ビデオを借りてきたりしています。
だから娘さんはキャラクターの名前などをよく知っているみたいです。
私は「こどものとも」系の絵本が好きなオールドタイプですが…。

ディズニーのミニ絵本ってのがうちにあって
「シンデレラ」「白雪姫」「ピノキオ」
の3冊を毎日持ってくるので読んであげてます。
もちろんディズニーの本ばっかりではなく
「はじめてのおつかい」や「マフィンおばさんのパンや」
みたいな“1歳児は読まへんやろ”みたいな本を
「これよんで」と持ってくるので読んでいます。
絵本好きなので嬉しいですね。

この前、散歩しているときに階段で娘さんのクツが脱げました。
すると

「シンデレラみたいにクツ脱げたねぇ」

と娘さんが笑いながら言いました。
2歳5ヶ月。
たいしたもんだと思いました。
なんぼでも絵本読んであげるよ。

でも、「これ読んだら保育園行くわ」って登園前に持ってくるのは勘弁してくれ。
(ま、たいてい読むんですけど)
木下大サーカス
先週の日曜日に職場の同僚家族と
木下大サーカスに行って参りました。

100年以上の歴史を誇るサーカス団ですよ。

さすが日曜日とあって人いっぱい。行列です。
ボリショイみたいに全席指定にしておくれ~。

入場して、自由席に座ってやな予感。
どうにも見にくい。
柱がじゃま。

うむむ、これは自由席の宿命。
正面のいい席は、さらにお金を払ったスペシャル指定席。
演目の間に出てくるピエロもそこに向けてやってる感じ。
あんまり見えへんし、なんか疎外感をかんじるよ~。

そうこうしている間に娘さん御就寝。
木下名物の球状の鉄柵のなかでグルグルバリバリ回るバイクの時に
目が覚めたけど、次に出てきたピエロで本格的に寝てしまいました。

同僚家族にもらった招待券で行ってるので文句言っちゃいけませんが、
ボリショイの方が密度が高かったです。

しかし、あのグルグルバリバリバイクは今もやってるんですね。
昔、母親に木下大サーカスを見に、伏見桃山城に連れて行ってもらったのを思い出しました。
提供はスズキです。
メルギブソンはマッドマックス3サンダードームのアイデアをこのグルグルバリバリバイクからパクったんだろうな(笑)

今度はお金払って正面のスペシャルシートで見る!!


おっきなおうち
お正月の3日は嫁さんの実家に行った。

嫁さんはバーゲンねらいでおばあちゃんと「ジャスコ」へ
私は娘さんと散歩にでかける事にした。

嫁さんの実家から30分くらい歩けば「東寺」にいけるので
「おっきいお家見に行こう」とでかけた。
しばらく歩けば一般的な京都のシンボルの一つの
「五重塔」が見えてきます。

東寺にはいってお堂の前にある賽銭箱の前でお参りしようと思ったら
娘さんがお堂の中に入っちゃいけないように置いてある
竹の棒をくぐってお堂の中へ。

そう、そこは有料拝観地帯!

「おーい、かえっておいで~」
と呼んでも、どんどん奥の方へ。
仕方がないので私も竹をくぐってお堂の中へ。
ついでにそのまま

無料参拝!!

五重塔



何と、今日は「おっきなおうち」の「五重塔」の中にも入れるみたい。
中にはいると仏像がいっぱい並んでいます。
ちょっとおどろおどろしい。
「こわ~」
って娘さんが言うので、
「ほれ、みんな見てはるで。パンツはかんと遊んでるののも見てはるで」
と娘さんに言っといた。
当然、

無料参拝親子の事もお見通しな訳ですが。

ちょいときれいな庭で「がらがらどん遊び」とかした後
なに食わぬ顔で退場。
ちらりと横目で見ると入場料800円。

高!

あれ、500円ぢゃなかったっけ。お正月料金?

そのあとちゃんとお参り。
「娘さんが病気にならんと大きくなりますように」
とか言ってたら、その横でしっかり手を合わせ
「お父ちゃんがブーブーに轢かれませんように」
と娘さん(笑)
保育園でこんなんして遊んでいるのだろうな。


makoさん。
話せば絶対長くなるのやけど、簡単に言うと。
何でも「ゲームのせい」にするけれど、これはね
「親」の問題なんですよ。
物事の分別が付かない内は親がコントロールしなアカンのですよ。
親の責任をゲームのせいにしたり学校のせいにしたり保育園のせいにしたり………。


ディスプレイが
Mac&PCがつながっているiiyamaの19インチCRTディスプレイがやばいです。

使ってたら画面の輝度がちょこちょこ変わります。
この前起動させたら画面解像度が変わってました。
なんぼなおしても画面歪んでます。

5年くらい使ってるからそろそろなのかもしれないが、
がんばっておくれやす。

とりあえず安い液晶ディスプレイ買っとくか?


温泉旅行に行ったとき親戚からnintendoDSを貸してもらって
「やわらかあたま塾」をやってた私のお母ちゃん。
ゲームなんて全くやらない人間に、ほとんど説明しなくても
直感的に自分で操作させることのできるDSのコンセプトってスゴイです。
「これ買う~」といって別れましたが、
母は果たしてnintendoDSを買ったのでしょうか?
飽きた頃に借りに行こう(そしてそのまま借り続けよう)
私も「どうぶつの森」がしてみたい。
「大合奏バンドブラザース」も。

保育士にはハードな電脳マニアやコアゲーマーがあまりいなくて寂しいですね。(プロレス好きは一人知ってる)
DSはコアゲーマー向けではないですが…。
ゲーマー保育士いませんか~。

ちなみに「ゲーム脳」の議論(というか言いがかり)は科学をなめてると思います。
そこにまんまと“(自称)科学の目を持った人達”が乗せられているのがなんとも悲しくて笑えてくるのですが…。


今日はなんかやばいディスプレイを見つめながらとりとめのない事を書いておきました~。


さてお仕事ですヨ!!
5日から仕事ですよ~。
仕事始まりやのに夜中まで起きてんなっちゅうの。
さっそく11時出勤ですから。
今年も11時出勤の帝王ですかね?

古畑任三郎観ながらクラス便り作って
その後友達とXbox360でLIVE(ONLINE)して遊んでました。
イチローの堂々とした演技に感動
オンライン環境のデキの良さに感動

さて、正月に親戚一同で三重県の榊原温泉というところへ行ったのですが、

「正月にわざわざホテルに泊まるのもなんだかなぁ」

といったところです。
料金は高めだし、
新鮮なものが食べられるわけぢゃないし、
ホテルは経費節減なのかやたら寒いし。
でも、温泉のお湯はいいもんでしたし、
思ってたより子ども達が少なくてお年玉も助かりました。

あ、娘さんはいったいどれくらいお年玉をもらったのやろ?
全然確認してないや。
ちなみに、ウチでは娘さんが一番金持ちです。

娘さんはこの年末年始好き放題してたから
ちゃんと朝起きて保育園行ってくれるかな?
今日は朝から散歩に行って
いっぱい歩いて
昼寝して
というパターンに戻したから、だいぢょうぶだと思うけど。


makoさん。
親戚が集まるのはいいですよ。
お年玉が心配なだけ(笑)
正月と墓参りの時に顔あわす位だもんな。
今年は私の妹の子どもが最年少なので
娘さんスターの座から陥落。
いや、風呂でこけまくったり舞台で歌ったり
いろんなところで存在感を発揮してましたが。


ぐちさん。
あけましておめでとうございます。
遊びに行くから招待して下さい。
あなたの楽しい話も聞かせて下さいヨ!!
いろいろ書き込んで下さいネ!!


新年です
あけましておめでとうございます

12時すぎて嫁さんが寝てから
ちょっくら友達と(毎年恒例の)松尾神社参りに行ってきました。
今は引っ越してちょっと離れていますが、
子ども時代は神社の隣(?)に住んでいましたので
いつもそこで遊んでいました。

毎年恒例とか言っても
お参りして、おみくじ引いて、リンゴ飴買って、みたらしだんご食って、喋って、帰る。
それだけなんですけどね。

恒例といえば、
結婚する前は年末に友達で集まって
「鍋将軍」の会をやってました。
鍋奉行(なべぶぎょう)の間違いなんですが、
毎年誰かが「将軍」となって食事会を取り仕切るのです。
みんなから将軍と呼ばれ敬われるのですが、
結局の所
「将軍!肉を入れて下さい!」
「将軍!卵を溶いて下さい!」

とか
挙げ句の果てには
「将軍!鍋をきれいに洗って下さい!」
とか…。
えらいんだかえらくないんだか解らない
「鍋将軍」の会でした。

あのころはマジメにアホな事やってみんなでワイワイやってたなぁ…。
またやろう「鍋将軍」の会。


makoさん。
健康第一ですね。
でもこれの方が映画20本観るより難しそうです。
今年もよろしくです。

jawsさん。
年間100本ってスゴイですね。
それはなかなか真似できません、うらやましいです。
今年もよろしくです。


さて、昼から榊原温泉に出発です。
親戚で集まるのです。
私の母方の親戚です。
母は6人兄弟です。
それぞれ2~3人子どもがいます(いとこ)
そこにまた何人か子どもがいます(ナニこですか?はとこですか?)
スゴイ数です。
わざわざそんなところで集まるのは初めてなので、どんな企画があるのか楽しみです。
いや、企画なんて無いと思います。
宿泊費とお年玉でいくら飛んでいくのかが不安です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。