プロフィール

PIKO

Author:PIKO
最近メジャーになりつつある男性保育士です(ブームは去った?)もう10年以上やってるので一般的には「中堅」のポジションですが、わざわざいろんな事を試してみたり。わざわざ波紋を投げかけるようなコトしたりする困ったちゃんです。
いろいろ言われても小さくならずに自分の考えを言う&行動する。これが「武闘派」たるゆえん。
ま、女性社会でうまくやっていくにはそれなりの処世術も必要なんですが…。

twitter リンク

__PIKO__をフォローしましょう

カレンダー

11 ← 2016/12 → 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

オレの話聞いてんか
男性保育士(武闘派!)がその日常を語ります。でも、仕事の事よりも趣味的なあんなコトやこんなコトの話題の方が多いかも?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱い夏
今年の夏は「熱」かった。

新しい出会いと、久しぶりの再会と、新しい可能性を発見した
密度の高い夏でした。

6月に山形に行きましたが、研修最終日に「保育の話を聞かせて欲しい」と
声をかけられ(オレ、提案者として全国集会に参加してましたから)、
スターバックスでいろいろ話をしました。
実際のところ分科会の討論は消化不良な感じに終わっていて、
頑張っているけど悩んでいる保育者に向けて書いた(つもりの)自分の提案は
面白いんか面白くないんかいまいちわからなくて悶々としていたのですが、
山形の彼女は「ちょっと肩の力が抜けた、ありがとう」と言ってくれ
その時初めて、山形まで行った甲斐があったと思えました。
新しい出会いに感謝。

その足で山形から仙台に向かい、『石巻被災地支援ツアー』御一行様と合流するのですが、
そこには集会の分科会に参加していた女性がおられ、分科会の「ふり返り」なんかもしました。
後でわかるのですが、彼女はぐち☆さんと大変近しい関係だったと。
世間は狭いね~。
こっそり京都保問研の作る「保育びと」って本に向けて書いた原稿を読んでもらったけど、
ちゃんと感想を送ってくれた。こっちも嬉しくなる感想でした。
新しい出会いに感謝。

「保育のつどい」というプレ合研企画の実践交流企画にむけては
加用美代子さんと話ができて面白かったし、「はじける・まとまる」とは?
という新しい角度の問題提起が自分の中で起こりました。
新しい出会いに感謝。

Twitterで合研のタグを見ていたら、ウチの園からの提案について書かれていて、
「こんにちわ。その提案者の同僚です~」なんて返信をしたところから始まる出会いもありました。
実際に保問研夏季セミナーでお会いするわけですけど、かなり照れくさかったです(笑)
元々はオープニングに出て帰ろうと思っていたのですが、こりゃ最後まで話聞かなくっちゃ!
というわけで結局最後までいました。
「分科会で世話人に文句まで言ったりして一番エンジョイしてるやないか!
と同僚のRikiくんに言われました(笑)
ちょっと照れくさかったが、新しい出会いに感謝。

京都の青年部のOB会で懐かしい面々と再会できたし、ユニコーン熱に火も付けられた。
でもダーツ熱は再燃しないな~。ストイックさがなくなってきたというかなんというか…。

全国青年部の「なつわか。」という取り組みにOBとしてこっそり参加して、
一緒に頑張ってきた仲間とも再会した。
そして何より、京都の現役の青年部が、立派なモノを作り上げてることに感動した。
オレらと違って地に足付けてちゃんとやってるよ。すばらしい。

分会の学習会にわざわざJawsくんがきてくれて講師をやってくれた。
これもTwitterからの出来事だったので、Twitterって面白いですね。
「非常勤職員の3年での雇い止めをどうやってやめさせるか」というテーマでしたが、
わかりやすく、力になる学習会でした。
決戦は9月20日!!
学習会後Jawsくんと“男”の話ができたのがホントに良かった。

そして、なんと言っても「京炎そでふれ」
保問研夏季セミナーに向けての2ヶ月間、ようやったわと自分を褒めたい。
なんも知らんと初めて踊りを見せられた時の「こんなんできひんで」っていう衝撃ったら…。
20秒くらいのパートを3時間かけて練習した時の「最後まで行き着くんか」っていう絶望感っていったら…。
次の日の全身を襲う筋肉痛ったら…。
保育士志望の大学生6人が諦めんと丁寧に教えてくれる中でなんとか一通り踊れるようになりました。
ブラッシュアップの為に更に厳しいこと言われ、
でも出来るようになっていくからみんな楽しくなっていくんよね。
保育園でRikiくんと自主練もよくやった。
仕事の時より汗かいた。
エンディングで歌った「ケサラ」も良かった。
震災とそこからの復興に思いを込めたのは事実だが、会場の参加者が泣いてはんの見たら余計に思いが入っちゃいましたよ。横で歌ってる男前の涙声とか耳に入ったら思いは更に加速するし~。
涙をこらえながら拳を握りしめて歌ったのは初めての経験です。
そんな仲間での打ち上げは大盛り上がりでした。
顔知ってるくらいの関係でしたが、戦友というんでしょうか?ものすごく近しい仲間になれました。
大学生の先生方にもおおいに感謝。みんな良いもん持ってるんやから絶対保育士になれよ。

11月23日の「どんといけまつり2011」でも踊るらしいです。

最後の練習の踊り締めの様子は「おっさんそでふれ」で検索!!


とまぁ、色んな出会いと頑張りのあった近年まれに見る密度の高い夏でした。
面白かった。


んで、研修報告を書かなアカンという現実から逃避しています~(笑)




スポンサーサイト
同窓会(ダーツ部例会)
組合青年部OB会の同窓会でした。

OB会は別名『大人の青春を共にしてきた仲間の「ダーツ部」』とも言います。
ダーツ部の“例会”と称して集まりを持っていたのですが、最近はなかなか集まれずでした。

元部長のmasayoさんが音頭をとってくれて再会したわけですが、
まぁ皆さんお変わりなく。元気で何よりです。
8人で集まれたのは画期的でしたね。

先斗町の韓国料理屋さんで食べて、飲んで、笑って、
ゲームセンターでプリクラ撮って、ダーツ投げて…。
あぁ、楽しかった。

次は80年代の歌限定で行う「懐かしカラオケ」やね。


OBやけど、「なつわか。」のぞきに行くし。
現役青年部の皆さんよろしくね。





山形から帰ってきて
6月の頭に山形に行ってました。

遊びに行ってたわけではなく、
保問研全国集会in山形ですよ。

実践を喋る立場で行きましたが、ホンマは行きたくなかった。
こんなん言ったら怒られますが、3ヶ月たったとは言え東北ですからねぇ。
地震も津波も放射能も正直怖いですから。オレは。
でも集会後、宮城県の石巻に行きました。
一応、被災地支援で行ったのですが時間の都合もあり、
保育園訪問して園長の話を聞き被災地を見て帰るだけになったので、
自分としてはかなりの消化不良感でした…。
こんなオレでも、何か人の役に立ちたいと思ってるんですよね。
しばらくは見てきたこと聞いてきたことを一生懸命、周りの人に話していました。
それぐらいしかできんからねぇ。

んで、山形のことも石巻のこともどう書こうかと悩んだまま2ヶ月近くがすぎるわけですね。


ipadは山形で使うつもりでしたが、結局使わず。
そのために急ぎで直したんやけど。
その後、京都であった「保育のつどい」で使いました。
プロジェクターにiPadの画面そのまま映し出せるのはかなり感動。
便利屋わ~。


その後、水道管破裂ガス管流入事件があり、
月曜日から土曜日までガス難民となりました。
ウチの隣近所はガスコンロから水が噴き出しリビング水浸しです。
幸い我が家はリビング水浸しは免れましたが、
給湯器の取り付け位置で揉めていて、まだ給湯器が交換されていません。
いつまで中に水が通った機械使わせるねん!!早よせい大阪ガス!!
一番悪いのは京都市水道局やけどな!!!


そして山形集会の提案文を大幅に増補した実践報告の原稿を今、書き上げました。
保問研全国集会の提案文の文字数制限は4000文字。短くまとめるのにかなり苦労しました。
(因みに合研は2000文字。もっと難しいです。)
この原稿は京都保問研のつくる「保育びと」って冊子に掲載されます。
好きなだけ書けるので、調子に乗って16500文字も書いてます(笑)4倍です。書きすぎです。


それが終わって一段落といいたいのですが、
実習生の実習記録にコメント書かないかんし、土曜日の職員会議用に資料作らなアカンし、
どんといけまつりの会議があるし、来週には運動会実行委員会が行われるし…。
一番大変なのは8月末の保問研夏季セミナーin京都のオープニングで
「京炎そでふれ」を踊ること!!
かなり無理です。学生だから、20代だから踊れる踊りです。
でも段々踊れるようになっていくのが嬉しかったりもします。

皆さん見に来て下さいね!!なーんて事は、よう言わんけどね(はーと)





お帰りiPad
ルンルンで使っていたiPadですが、この前入院し、一週間ほどして帰ってきました。

その土曜日の午後。
娘さんが友達とiPadで遊んでいたのは知っていました。
あんまりおもちゃにされんように、ゲームとかのアプリは消しとかなあかんかな?
ということも思っていました。
でも魚釣りかえりの私はソファで寝ちゃいました。
その間に悲劇が。

娘さんが2階にiPadを持って上がり、しばらく遊んだのち「宝物探し遊び」をはじめました。
「宝物隠す間ちょっと部屋から出ててね」と娘さん。
待っている間遊ぼうとベランダに持ち出すお友達。
ベランダのコンクリートの上にiPad落っことす。
iPadのガラス割れる。

その事実を知ったのは夜。
ガラス面のベゼルの部分にヒビがいってる。
なんぢゃこれ~!と驚く。
娘さん白状する。(友達が落としたことは知ってたけど、割れてたのは知らなかった様子)
筐体の角っこの他にも傷いってへんかケースからiPadを外すとそのとき、
ピシッと画面中央に一直線の亀裂が…。
修理決定~。

Appleに持っていかなくてiPhone修理屋さんに持ち込んだ。
19800円也~。
本当はAppleStoreに持ち込むべきだろうが、行く暇なくて、山形保問研に間に合わせたくって、
Appleではいくらかかるかわからんて、
特に、1番、ものすごく、嫁さんが怒ってて、ガッカリしてて、悔やんでいて、
早いことアクション起こさな娘さんも可哀想だから修理屋さんにした。
できばえは、微妙。
ほんの、ほんのチョットいがんでるし。ホームボタンもへっこんどる。
筐体にこじった跡がある。ガラスの内側に汚れがある。
AppleStoreに行った方がよかったかな~?

ま、今こうして使えているからよしとしとく。
iPadから書き込みしてますが、iPhoneよりもはるかに書き込みやすいです。
ベッドで寝っ転がって入力できて楽しいです。
でもMacのATOKと物理的なキーボードが1番快適ですけどね。
小指とかでいらんとこ触ってしまうんよ。


雲刻斎さん。
暇とか関係ないですやん。アンタ忙しいのに買いまくりですやん。
いや、忙しいほど買いまくるもんですよね。
白iPhone羨ましい。オシャレに決めるなら断然シロですよね~。

ウキウキiPad2
iPad2がやってきて10日ほど経つ。

すでに嫁さん専用機となりつつある(泣)


引っ越して嫁さんはコンピューターをキッチンもしくはリビングに置いてくれと言った。
今までは狭い市営住宅だったから、玄関横の部屋に置いてあるMacを見ながら、
いや、Macのモニターに映し出される「クックパッド」を見ながらご飯がつくれたのである。

しかし、オレの使っているMac(Mac mini)をキッチンに置くわけにもいかず、
非生産的遊び用で使っているPCはデッカい筐体なので置くわけにもいかず、
ぢゃあ、ipadを買おうぢゃないか!
ということで、エコポイントや光回線契約やクレジットカードのポイントで手に入れた商品券をせっせと貯めて、
あと半年待てば新型が発表されるからと、いますぐ欲しい気持ちを我慢して待ってましたがな。

その間、嫁さんはiPod touchでクックパッド&ウェブブラウジング。

そして、思ってたよりも早いタイミングの「2」の発表と日本での発売延期で相当ガッカリしたのと発売当日に行ったらやっぱり遅くて買えなくて予約したら「3週間待ちです」と言われたのと3週間と言ったくせに1週間で入荷してラッキ~という紆余曲折喜怒哀楽を乗り越えて、我が家にやってきました。

iPad2

「iPad2 Wi-Fi 32ギガ 白」

デカい、速い、白いの三拍子ですよ!

ウェブブラウジングも快適~
嫁さんのガーデニング情報収集端末として絶賛稼働中です。
クックパッドはどこいったやら。

ちょっと困ったことは、iPadに対応していないアプリケーションは拡大表示になって綺麗ぢゃないこと。
それがイヤだからiPad対応アプリケーションに乗り換えたり、買い換えたくなること。
同じアプリケーションでもiPad専用があったりして、iPhone用より値段が高かったりするんよ。
コレは何かの作戦か?というくらいうまいことお金を落とすように誘導されている気がします(笑)

この前、職場の組合の会議に持って行って、みんなに見せびらかしつつ、組合活動(主に青年部)の写真をスライドショー上映したりして盛り上がりました。
次の日、同僚のrikiくんが
「あんな、あれからiPadのことが頭から離れへんのや」
と言ってくるほど、人々の物欲を刺激するくらいナイスな情報端末でございます。


来年はディスプレイとカメラの解像度が上がった「3」が発表されてて、同じ様な事書いてたらごめんなさい。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。